堆肥枠を道具箱に造り替え

使わなくなった堆肥枠を道具置き場に変更

昨年まで腐葉土を作っていた堆肥枠

去年、埼玉県でコンボストを無料配布していることが分かり腐葉土作りは終了です。(労力の節約)

その後資材入れとして使っていましたが、イチイチ波板を外して肥料などの出し入れするのが面倒なのでこの際(コロナで臨時休暇)横から出し入れ出来るようにと思い立ちました。

正面から見るとこんな感じです。

元々は3段重ねだったので高さを出すために使わなかった枠を利用して屋根を作ります。

傾斜は1分以上にして天井に合板を張り、その上に新しい波板を設置

ちなみに表面の色が変わったのは防水加工面の表と裏を張り替えたからです。

張ってあるすべての板を防水加工面を表に変えました。

土に直接木が触っていると腐りやすいのでパレットを敷きます。

道具置き場をパレットの上に載せて

マルチ用の棚を設置(枠幅90cmでマルチの方が長いので屋根のすぐ下に)
右側には支柱立ても設置

左側には機材立て

肝心の扉にはずいぶん悩みましたが何とか出来ました。

ちゃんと扉が外せます。

ある意味コロナのおかげで道具箱の完成です♪

製作期間2020年5月17日~22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です