種まき 2020.3.15

今回ニンジンを育てる畝は客土(コンポスト・腐葉土)を混ぜたもので隣の畝は落ち葉床にしているのでコガネムシの幼虫などの心配があることからこちらの薬を若干混ぜてあります。

今回は筋蒔きをするのでまず畝に支柱で溝を作ります。

※畝が乾いている場合は土を湿らせてから作業を行いましょう♪

種を撒く場所が決まったら溝を中心に培養土を振りかけます。

今回撒く種はこちら

筋状の溝の部分に種を撒いていきます。

2~3mmおきに種まきをするようですが種がものすごく小さいので等間隔では厳しいのでそこは目をつぶって種まき

種まきが終わったら種の上から一番細かい網目で上から5mmほど土をふるいます。

※ニンジンの種は(好光性)光が無いと発芽しないので本当に軽く土が乗る程度です。

土を掛けたら平らな物で軽く鎮圧します。

鎮圧が終わったら表面が乾かないように不織布を掛けます。

※ 風で飛んだり風が中に入らないように両脇を支柱でくるんで固定させれば完璧です。

種まき終了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です