植付け 2020.3.21

前回(去年)チャレンジしたのはクレバーパイプでの植付けですが、今回チャレンジするのは波板栽培です。

普通に山芋を植えると真っすぐ下に伸びていく(画像一番左の芋)ので山芋収穫時の労力が半端なく疲れます。

その労力を少しでも削減出来るのが波板栽培になります。

今回植える種芋はこちらの長芋と短径自然薯

まずは波板が入るように穴を掘ります。(これも結構しんどいです。)

穴を掘ったら波板を当てて高さを確かめます。

種芋から波板まで15cmの高さが必要になります。

山芋の上に土を5cmを掛けるのを計算して位置を設定

1枚目の波板を設置

1枚目の波板を入れたら再度土を投入して1枚目の波板と2枚目の波板の幅を調整します。

なんとか2枚目も入りました。

波板の位置が決まったら盛り土をする箇所にあぜ波シートをはめます。

種芋を置いて高さを再度調べます。

近くで見るとこんな感じです。

位置が決まったらひたすら土を掛けます。

波板が外に流れないように支柱で固定します。

正面から見るとこんな感じ

完成形です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です