きれいな畝の作り方

1. 畝を作る2週間前に石灰投入
2. 1週間前に堆肥を入れて土づくり

1 まずは土の山を作ります。

2 とんぼでひたすら表面を平にします。

3 この土は振るいにかけたサラサラの土なので固形させる為にジョウロで水をかけます。(角をつける部分<端>を重点的に

4 大ざっぱに角を削っていきます。

 

 

この時に使う道具がスコップ鍬(三角ホ―とも言う)

生まれて初めて見る道具でキレイな直線に削っています。

5 マルチを当てて全ての穴が入るように幅を合わせます。

とんぼで側面を固めていきます。

まさに金の延べ棒そっくり

出発点はコンクリで止めて

反対側は土で止めます。

ここからが職人芸の始まり始まり!

三角ホ―で下の土を少しづつ掻き出して

三角ホ―で掻き出した土をマルチの端に乗せて、足で土を踏んでいきます。

ちなみにマルチを押さえるピンは1つも使っていません。

土のみで押さえています。

しわしわになっていたマルチがキレイに張ってます。

 

 

完成!

向こうの建物が鏡のように反射されているのが分かります?

素人(私)の作った畝

ドーム型になっているので両端が斜めになってて玉ねぎの苗を置いても落っこちちゃって作業がやりづらい

師匠の作った畝は水平になっており作業が楽々♪